モビット増額の危険性について

消費者金融のモビットは、「WEB完結申込」が用意されていること、迅速な審査ができることなどで人気があります。

 

しかし、利用中のモビットの増額については、いくつかの点で問題がありますので、慎重に希望を出すかどうかを決めなければいけません。

 

 

まず、モビットに限らず、すべてのカードローンについて言えることですが、増額の審査には危険があります。

 

一般のイメージでは、増額が認められなければ「現状維持」と思われがちですが、実際は、現状よりも限度額が減る場合があります。

 

つまり、増額審査に失敗してしまうと、増額が認められないばかりか、これまでよりも限度額が減ってしまう可能性があるということです。

 

 

次に、仮にモビットの増額が認められたとしても、それは年収の3分の1以下にとどまります。

 

アルバイトやパート勤務の方の場合、年収の3分の1を超えてしまうケースも多くなると思いますので、希望を出しても通らないケースが多くなります。

 

これは、総量規制という法律の問題になりますので、これまでの返済を頑張ってきたから認められる、とかそういう話ではありません。

 

 

このように、モビットの増額には、いくつかの問題点がありますので、ほとんどのモビット会員は、他のカードローンの申込みで枠を増やしています。

 

とくに銀行のカードローンを選ぶようにすれば、年収の3分の1という制限もありませんので、より多くの枠が見込めることになります。

 

モビットの増枠を検討するくらいなら、他社のカードローンに申込んだ方がいいのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る